雑記

退職を伝えた周囲の反応と矛盾 【悪気ない言動の恐さ】

前回記事からの続きです。

退職することを周囲に伝えた

会社を辞めるにあたり、周囲には伝えた。

勿論、お世話になったこともあるし、何も言わずに去るのは気が引けるから。

返ってきた反応は、「おめでとう!いいね!」「そんなに焦らなくていいじゃない。もう少しよく考えたら?」とか様々だった。

『来週退職届出すわ。』と急に言ったから、「何かあったの?」と心配してくれる仲間もいた。

『いやいや何を今さら……。んなもん数年前からあったよ!この仕事全然おもしろくない!職場で明るく振る舞ってるのは全部フェイク!』とかは、さすがに言わなかった。

まあ、色々言ってくれたり、気遣ってくれたりするのはありがたい。

因みに、僕はどうやら従事していた仕事の適性があるみたい。

初めて会った他社の関係者に、「今日は色々勉強になりました。今度ウチで講義してください。」とか、意味不明にありがたいお言葉をいただくこともあった。

本人からしたら、クソつまんねーと思いながらこなしているだけの仕事だったんだけど。

そういう意味では、いわゆる天職を捨てたことになるのかも。

ごめん。話が逸れた。。。

周囲の反応に感じた矛盾

ところで、僕が感じた矛盾がある。

それは、

ABOUT ME
Ryoga
フリーのフリーター。別名、無職。「強さより撓やかさ」