情報発信

初心者ブロガー悩みのタネ|アクセス数が伸びない|リアルな現実を公開

アクセスは記事を書いても増えない

アクセス・PVは記事を書いたら書いただけ伸びるのか?

そんな疑問を持ったことはないですか? 

僕自身、最近少し手が止まっていた理由が、ひとつにはただ本を読みたかったからなんですが、もうひとつがリアルにこの疑問だったんですね。

まあ、そんなことを考えつつも、プロのブロガーがこんなことを言っているのだから、これが真実だろうとも思います。

とはいえ、なるほど!「もうとにかく記事を書くことが奥義か!」という結論にしてしまうと、もうこの記事自体が意味をなさなくなりますのでもう少し深掘りしていきます。

最近考えていたことと、僕のリアルなアナリリティクスの数字、それから、色々参考になるサイトや記事を見てきた結果を踏まえてリアルな現実を公開していきます。

特に、僕と同じような初心者ブロガーは同じような悩みを抱えていると思います。

せっかくなのでリアルを知っておいて損はないはずです。これが少し先のあなたの未来かもしれないので。

アクセスはどの程度伸びるのか

まず、ブログ初心者のリアルPV|Twitter運用は超重要 を見てもらえれば僕の今までのリアルな数字が見れます。

もしあなたが初心者でブログを始めたばかりとか、これから始める、あるいは僕と同じようなブログをちゃんと始めてから数ヶ月程度という方であればひとつの参考になるかと思います。リアルすぎてドン引きするかもしれません。

ドン引きしたくない人は、オススメのプロブロガーの記事で、どうアクセス・PVを伸ばしていくのかを見て、良いイメージでも作ってください。 >>> オススメnote|クロネ@趣味ブロガー

一度はリアルな数字を見ておきたいという好奇心旺盛なあなたは、このまま読み進めて、現実を見てください。

前提として僕のブログは雑記ブログです。以下のような感じで書いています。

・特定キーワードは狙ってない
・関連ワードは調べてない
・検索ボリュームも調べてない
・SEO対策は一切してない
・読者の悩みを洗い出してない
・思うように書いているブログ

それが前提です。

それでは、本題に入っていきます。

これが6月中旬のリアルな数字です。ドン引きしないでくださいね(笑) 

まあ、少ないことは少ないですが、上には上がいるように下にも下がいるでしょうから参考にはなると思います。

ブログのサイドバーを見てもらえると分かりますが、上記画像の通り5月と6月は記事更新が多かったです。というか、1日を除いて毎日更新していました。

それでこれかと思うかもしれませんが、これが現実です。

この記事を書いているのが7月21日で、このアナリティクスは今日確認したものです。約1ヶ月が経過してこの状態です。

連続更新とアクセス数は比例しない…?

ちなみに、これまたサイドバーを見てもらえれば分かりますが、今月はまだこれで6記事目です。21日で6記事目なので、かなりサボっていたことになります。

毎日更新どころか、3日に1記事もかけていない状態です。

ですが、月単位のアクセス数は伸びています。週で見るとアクセスはギリギリ横這い、日のアクアスは概ね横這い状態ですね。

書いてなんぼの世界であることは間違い無いと思うんですが、結果として書かなかったということから振り返れたことは意味がありました

記事数/更新頻度とアクセス数の関係

記事を書くことは大前提だと分かっていても、本当に記事を書き溜めていけば記事数に比例してアクセス数とPV=ページビュー数は伸びていくのかどうか。

これは、サラリーマンでも主婦でも、毎日更新はできないけどブログを始めようかと考えいるのであれば気になるところではないでしょうか?

ちなみに、PV(ページビュー)、これは訪問者がWEBサイト上で訪れたページの数です。1人の訪問者が10ページを閲覧した場合のページビューは10になります

アクセス数、これは訪問者が1人の場合アクセス数は1となり、PVよりも訪問者数というのは少なくなります。(アクセス数=訪問者数と言い換えられないのは、1人の訪問者が2回訪問した場合、アクセス数が2となることが多いからです。)

話を戻します。本当に記事を書き溜めていけば記事数に比例してアクセス数とPV=ページビュー数は伸びていくのかどうか。

個人的な感想を言えば、YESでもNOでもある、という印象です。

確かに、連続更新をしているときは、緩やかでも徐々に伸びていました。

ただ、今回の結果からは連続更新が全てではないと感じましたのでYESでもNOでもあると言いました。

以前、結構ガチで恥ずかしい気持ちをこらえて、本当にリアルな数字を公開したこんな記事を書きました。>>> ブログ初心者のリアルPV|Twitter運用は超重要

少ないアクセス数でも収入は増える

アドセンスに直結するのは、もちろんアクセス数やPVそのものもあると思いますが、そのほかに直帰率、滞在時間、回遊率も関係していると思います。

それを大幅に伸ばすコツはあるのか、おそらく、というかほぼ間違いなくあります。

読みやすさで滞在率が大幅アップ

以前の記事 オススメnote|クロネ@趣味ブロガーでも紹介したクロネのブログ講座は、見てみるとわかりますが、内容がわかりやすいだけでなく、読みやすいです。

この読みやすさについて、有料noteのなかでリズム感と表現されていましたが、まさにそれが表現されていて、文章量が多くてもスルスルと読めます。>>> オススメnote|クロネ@趣味ブロガー

そのほかにも、小学生でも読んで理解できるような言葉づかいで書かれているところも、読みやすく理解できる工夫がされています。

そういったわずかな工夫が、直帰率・滞在率・回遊率に影響するのではないかと思います。

難しい言葉がたくさん出てくる文章や、比喩や詩的な表現が多く理解できない内容だと、読者が離れていってしまうというのは確かにそうだなと納得できるかと思います。

YouTube動画の記事挿入は効果的?

僕は、以前テストとして記事にYouTubeを挿入していたことがあります。自分自身で作った動画もあれば、既存のYouTubeを埋め込んだものもあります

動画を挿入した記事はおそらく10記事程度ですが、滞在時間が大幅に伸びました。少ないテスト数ですが、結果としてそうなったといことだけは参考になるかと思います。

それと、これも少ないユーザー数の中での結果なのでどこまで参考になるかは分かりませんが、直帰率が0%セッション継続時間は4分25秒となっています。(7月21日現在)

この直帰率・セッション継続時間について、明確な理由は分かりませんが、個人的には以下の2点を意識しています。

・手動で内部リンクを貼る
・なるべく読みやすくする

さて、少し話がそれてしまいましたが「少ないアクセス数でも収入は増えるのか」ということについて、Manabu(@manabubannai)さんが参考になる発言をしていました。

Manabuさんは、manablogというブログで、プログラミングとアフィリエイトをを中心に発信されいているプロのブロガーです。最近では投資についての発信もされています。

アドセンスは30万PVでも10万程度

グーグルアドセンス合格は、ブロガーにとってスタート地点のような感覚で、「合格しました!審査通りました!」というようなツイートをよく見かけますよね。

収入源となる広告が表示されるようになるので、Google Adsenceの審査を通過すること自体は意味がありますが、そこで気になるのがコレです。

アドセンスは果たしてどのくらい稼げるのだろうか?

アドセンスはクリック数によるものなので、一概にこのくらいと出すのは難しいでしょうが、気になるところです。ブロガーのなかにはアドセンスだけで稼ごうとしている人もいますよね。

と、思ったら、ちょうどその回答にふさわしいツイートがされていました。

結構えげつない世界だと感じたかもしれません。正直、僕はそう思いました。

この事実をどう受け止めるかは人それぞれだと思います。

僕は、といえば、もちろんそこまで行ってしまえばたかが10万でもほぼ自動で入ってくるわけですからそれはそれでいいとは思うのですが、

このペースでいくと、月に10万稼ぐまでに3年くらいかかりそうとか思っちゃいました。とすると、他のこと学んで稼いだ方が早いんじゃないかとも思っちゃうわけです。

でも、アドセンスはブログからの収入を得るひとつの手段に過ぎません。

いずれにしても、1つの収入源に固執するのはリスク分散の視点からも良いとは言えないので、他のことでもブログ収入の柱を作っていけばいいということですね。

そのひとつの答えが、先ほどのManabuさんのツイートにもあったようにアフィリエイトをする、ということになります。

ほかにも、クロネコ屋@ブログ×SNSマーケティングも同じようなことを言っています。

なるほど、アドセンスだけではなく、アフィリエイトも大事なんだ、ということは分かったでしょう。

あれ、でもちょっと待てよ。ブログでも稼げるでしょ?」そんな疑問を感じた方もいるでしょう。

ブロガーとアフィリエイターの違い

ブログでも稼げるでしょ?」という疑問について、繰り返しになりますが、Google AdSenceだけではなかなか大きな収益は出ないとプロブロガーは言っています。

また、クロネのブログ講座にある「なぜあなたのブログは稼げないのか?」では、以下のようなことが書かれています。

さて、ここまででブロガーとアフィリエイターの違いがなんとなく見えてきたかもしれません。

最後に、ブロガーとアフィリエイターの違いが分かりやすく説明されている記事があったので紹介します。

稼ぐアフィリエイターは商品から逆算

クロネのブログ講座にある「なぜ「役に立つ記事」をがんばって書いても稼げないのか?」からですが、アフィリエイターの思考として、こんなことが書かれています。

稼ぐためにやっているので、まず商品ありき=まず収益ありきです。
なぜ「役に立つ記事」をがんばって書いても稼げないのか?より引用

稼げるブロガーがいるのはなぜなのか?

「なぜ稼げるブロガーがいるのか?」ということについてはこう書かれています。

いかがでしたでしょうか。

「稼ぐ」という視点で見るとブロガーとアフィリエイターにはいくつか違いがあるということですね。

・アドセンス単独は稼ぎにくい
・アフィリエイトは効率がいい
・アフィリエイターは逆算する

僕は雑記ブログとしてここまで書いてきたので、今さらアフィリエイトとかどう入れていけばいいんだろう、とか考えます。

でも、掛けた労力に対して対価を得たいと考えるのは全く悪いことではないと思います。

役に立つことを伝えて、自分も読者の関係がwin-winで、さらに広告主も含めてwin-win-winの関係が理想の形ではないかとも思います。今後もまだまだ試行錯誤が続きそうです٩( ‘ω’ )و

ご紹介したクロネのブログ講座は、とても参考になる記事ばかりです。

また、有料noteも価格に見合わない貴重な内容ばかりですので、オススメです。>>> オススメnote|クロネ@趣味ブロガー

今日も最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。

今後も、試行錯誤しながら少しずつ成長していく感じを公開できればと思っていますので、ぜひ一緒に頑張っていきましょう!

ABOUT ME
smiletrip-oneworld.com
「16歳で渡英」初海外を経験し価値観と概念が広がる。その後30ヶ国のひとり旅を経験。本気で死にかけたことは2度ほど。南米で2年半の蹴球生活を終えて帰国。小心者ながら、海外では西語と英語を話せる風の日本語ゴリ押し戦略で常に突破口を切り開いてきた旅人。最近Google Mapの使い方を知った30代ながら自称ノウハウコレクター。現在は「人生のレールなんかない」をテーマにブログで発信。