情報発信

複数メールアドレスの情報を集約する方法

複数メールアドレスの情報を1箇所に集約

複数のメールアドレスを管理するのは大変ですし、面倒です。

であれば、「1つのメールアドレスで全て管理すればいいんじゃないのか?」という疑問が浮かぶかと思いますが、そうもいきません。

例えば、同じサイトでは同一メールアドレスを使って複数アカウント登録ができないなど、1つのメールアドレスが使いたくても使えない状況が起こります。

この記事では、そんな状況も回避し、複数のメールアドレスを使いながらも1箇所に情報を集約できる方法をお伝えします。

シンプル機能の活用で情報整理

 

複数メールアドレスの情報を1箇所に集める方法はいつくもあるかと思います。

例えば、複数メールアドレスで受信するメールにそれぞれ転送設定をしておくこともできますが、転送設定が面倒です。もっと、シンプルなことで解決できます。転送設定などいりません。

結論から言うと「アドレスは違うと認識されるのに、特定のメールアドレスにメールが届く」という機能を使います。

「?」となったかもしれませんので、ここから具体的に説明していきます。

「+」をつけるだけの新規メールアドレス

やることはとてもシンプルです。「エイリアス」という機能を使います。僕の場合はGmailを利用しているので、ここではGmailでのやり方を説明していきます。

Yahooメールやoutlookメールにも同じ機能はありますが入力の仕方は違いますので、興味がある方は「yahoo エイリアス」「outlook エイリアス」などで検索してみると見つかるでしょう。

Gmailで複数メアド管理する手順

Gmailでのやり方ですが、あなたがメインで使っているGmailアドレスの最後に「+1」と付け加えるだけです。それだけで、別なメールアドレスとして認識されます。

すると、例えばあなたのメールアドレスが「〇〇〇〇@gmail.com」だった場合、「〇〇〇〇+1@gmail.com」で登録したサイトなどからのメールも「〇〇〇〇@gmail.com」に届きます。

全く違うメールアドレスを作成するよりも「+1」「+2」「+3」と加えるだけなので覚えておくのが容易ですし、入力もシンプルです。また、アカウントを切り替える必要なく、全てのメールが確認できるのもメリットのひとつです。

仕分けを助けるラベル管理も活用

ここまでで、複数メールアドレスの情報を1つのメールアドレスに集約できましたが、とはいえ、まとめて届くと場合によってはメールの数が膨大になる可能性があります。

そこで、届くメールを自動でカテゴリーごとに振り分ける「ラベル管理」もすることをオススメします。最初の設定はやや面倒ですが、一旦そこまでしておけば、その後は全て自動で処理されます。

時間と情報管理の「効率化」

いかがでしたでしょうか。

やることはとてもシンプルですが、複数メールアドレスの情報が1つのアカウントで管理できることで、アカウントを切り替える手間が省けるだけでなく、管理の煩わしさが改善されたのではないでしょうか。

次回は、届くメールを自動でカテゴリーごとに振り分ける「ラベル管理」について、詳しくお伝えします。少しでも役に立つものをシェアしていきますので、ぜひまたブログに遊びに来てください。

ABOUT ME
smiletrip-oneworld.com
「16歳で渡英」初海外を経験し価値観と概念が広がる。その後30ヶ国のひとり旅を経験。本気で死にかけたことは2度ほど。南米で2年半の蹴球生活を終えて帰国。小心者ながら、海外では西語と英語を話せる風の日本語ゴリ押し戦略で常に突破口を切り開いてきた旅人。最近Google Mapの使い方を知った30代ながら自称ノウハウコレクター。現在は「人生のレールなんかない」をテーマにブログで発信。
【激アツ】2020,Amazonがスゴイ!
【激アツ】今,Amazonがスゴイ!