ブログ

検索流入を狙って記事を書くキーワード選定【論理的な言葉の並べ方も解説】

「検索流入を狙って記事を書くキーワード選定」というと、少し難しく感じるでしょう。

あなたが、インターネットで何かを検索するときには意図がありますよね。

多くの場合、その検索は「答え」を求めています。

例えば、「東京駅 ラーメン屋 オススメ」と調べる人は、東京駅でラーメン屋を探していて、オススメのお店が知りたいと想像できるでしょう。

そんな感じで、キーワードには読者が求める検索意図が込められています。

その検索意図が読み解ければ、書き手の言葉選びが変わります。また、その検索ユーザーが求めるものは何だろう?と考える判断材料にもなります。

今回の記事では、

「読者が求めるキーワードが意図するものとは?」を解説した超優良記事をご紹介しながら、読者がなぜ商品購入に至るのかまで説明します

あなたの収入に直結する大切なことなので、紹介する記事や動画など隅々までご覧になって参考にして下さい。

たかがブログ、たかがアフィリエイトなどとは思えなくなりますし、青天井の可能性とそれぞれの奥深さにワクワクすること請け負いです。

キーワードから読み解けるものとは

まずはじめに、なぜキーワードからユーザーの検索意図を読み解く必要があるのか? について少し触れておきます。

結論、シンプルに言えば、あなたの収入に直結します。

ブログを書いて収入を得たいと思うのであれば、マネタイズしなければいけません。

マネタイズとは?

サービスが収益を生むような仕組みにすること。

例えばコンテンツに広告を出したり、有料サービスの提供を行ったりすること。

Googleアドセンスや有料noteの販売などもマネタイズ方法のひとつ。

要は、「マネタイズ=お金を発生させる仕組みを作ること」です。

「ブログでマネタイズ」と聞いて一番イメージしやすいのはGoogle Adsenseでしょう。

多くの初心者ブロガーが、「Google Adsenseに通った!」などと報告ツイートをするのも、マネタイズのポイントがひとつできたからでしょう。

ただ、GoogleAdsenseで大きく稼ぐなら、前提として多くのアクセスが必要です。

ですから、あなたがブログでマネタイズをすることを考えたときに、できることならGoogle Adsenseだけに依存せず、文字を使って稼げるようになることが理想です。

「文字を使って稼ぐ」とは、言葉で読者を商品まで誘導するということです。

そのために、「検索意図を読み解く」ことがとても重要になります。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://affi-note.com/keyword_to_cv"]

 

言葉で読者を誘導するスキルが身につくと、マネタイズの幅は一気に広がります。

そして、当然ながら収入はそのスキルに比例するように増えていきます。

なぜ読者は商品を購入する気になるのか?

さて、ここでひとつ、考えてみてください。

あなたはどんなときにモノを買っているでしょうか?

もちろん、必要なときに商品を購入していることはあります。その必要な時を除いて考えてみてください。

「衝動買い」という言葉があるように、ヒトは感情が動いて商品を買います。

商品を購入した理由があるように思っていますが、たいていの場合、その理由は後付けです。実のところ、特に理由はなく、感情が動いたから買っているだけです。

見に行っただけのはずなのに洋服を購入したり、寄る予定のなかったお店で余計なモノを買ったりしたことがあると思います。

「セール・特売・割引・限定」などの言葉に誘われて買い物をしたこともあるでしょう。

それも、その言葉に感情を動かされて購入したに過ぎません。

言葉には、”たったひとことでも”感情を動かす力があります。

「コピーライティング」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

言葉のスキルは、努力で身につきます。学べば誰でも身につけることができます。

コピーライティングについては様々な書籍が発行されていますし、インターネット上の無料情報でも数多く紹介されています。

このコピーライティングのスキルについて学ぶとして、あえてひとり挙げるとすれば、神田昌典さんを挙げます。

僕がコピーライティングという言葉を知ってから初めて手にした書籍の著者だったという理由もありますが、神田さんの書籍がどれもオモシロかったというのも理由です。

神田昌典さんの書籍は、タイトルにもコピーライティングが使われているので、興味があれば検索してみると良いと思います。

人を動かす言葉の並べ方

ここまで書いたように、言葉には、あなたが想像している以上に力があります。

政治家は言葉巧みに国民を誘導しています。ニュースなどのメディアも、書籍も、そしてインターネットの世界も同じです。

言葉は、過去から現代まで形を変えながらもずっと残っている人々の伝達手段です。

ヒトは、言葉に感情を揺さぶられ、行動します。

結婚式で涙するのも、自己啓発本でヤル気になるのも、そこには常に言葉があります。

スポーツの世界でも監督の言葉ひとつでチーム一丸となり勝利を手にすることがあるでしょう。

言葉には、ヒトを動かす力があり、悪用できてしまうくらいの破壊力があります。

ところで、言葉は並べ方次第でより論理的に聞こえますし、また、並べ方次第でより説得力を持ち、共感を生むこともあります。

そのことについて、以下の動画でManabuさんが説明していますので、ご覧ください。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

どれも参考になるだけでなく、とても役に立つ記事や動画ばかりだったと思います。

今すぐにでも使えるノウハウもありましたね。

難しく感じるかもしれませんが、今日紹介したようなベースの考え方やスキルをコツコツと積み上げていくことはオモシロイですし、非常にやりがいがあります。

また、身についたものが活かされて結果になると、さらに楽しさが増すという正のスパイラルになります。

ぜひ、諦めずに武器を身につけていきましょう。

最後に、この記事のまとめですが、

・ブログの収益化はアクセスが必須

・Google Adsenseに依存しないマネタイズが理想

・検索意図を読み解ければ収入に直結する

・ヒトが商品を買うときは感情が動いている

・言葉には論理的になる構成がある

ということです。

この記事内で紹介した参考記事は、アフィリエイトを何も知らない頃に出会い、ワクワクして何度も読み返した記憶があります。

それくらい、面白味を感じて、その後収入が増えるキッカケのひとつになりました。あなたもぜひ、何度も読み返してください。

https://yomepan.com/key-word/

ABOUT ME
smiletrip-oneworld.com
「16歳で渡英」初海外を経験し価値観と概念が広がる。その後30ヶ国のひとり旅を経験。本気で死にかけたことは2度ほど。南米で2年半の蹴球生活を終えて帰国。小心者ながら、海外では西語と英語を話せる風の日本語ゴリ押し戦略で常に突破口を切り開いてきた旅人。最近Google Mapの使い方を知った30代ながら自称ノウハウコレクター。現在は「人生のレールなんかない」をテーマにブログで発信。
【激アツ】2020,Amazonがスゴイ!
【激アツ】今,Amazonがスゴイ!