Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

努力に価値があるのか、結果に価値があるのか

「心の豊かさ」

「継続は力なり」僕の座右の銘であり、最も価値を置いているもの。その上で、自分に問う。

「努力に価値があるのか、結果に価値があるのか」結論、それは表裏一体。

続ける先に結果がある事は間違いない。しかし、そのプロセスからも得るものが十分過ぎるくらいある。

その大前提は、全力で取り組むこと。ただそれだけ。

不器用で無知なのに挑戦が好き

知識もなく教養もなく無知、他人に対して無礼で不誠実、我が道タイプの自己中。唯一自信があることといえば記憶力くらい。

多分というかガチで、例えば1000個くらいの選択問題なら記憶できる。年々落ちているけど、そのくらいはキープしている。

運動神経は大して良くない、足も速くない、敢えて強いと言えるのは体の強さくらいのもの、体力は標準より上。

人の話は聞かないようで聞いている。負けは受け入れる。自分は強くないことを知っているから。弱さを見せられるのもまた強さだと考えているから。

そんな僕だけど、挑戦することが好き。その生き方は曲げたくない。

おそらく、挑戦(或いは挑戦への依存体質なのかw)がなければ僕の人生は無意味なもの。

努力が実ることがあるのを知っている

挑戦することが好き。その生き方は曲げたくない。

おそらく、挑戦がなければ僕の人生は無意味なものにさえ感じる。大袈裟に言っているわけではなく本当に。

なぜだろうか?その問いの答えは、小さい頃からの、挑戦から結果が出るまでに経たプロセスにあった小さな成功体験の数々なのかもしれない。

必ずしもそうではないが、努力が実ることがあるというのを知っていることが、挑戦をやめない理由だろう。

苦しいけど、乗り越えた先にある喜びを知っているからこそ、その辛い過程の中にも楽しさを見出せる。

踏まえて乗り越えて自分を成長させる

挑戦は、結果が出れば当然その価値が相対的に高まるもの。けれども、必ずしも望む結果が出るとは限らない。

時には、その道中で自分との葛藤やどうしようもない無力感、失望感がある。しかし、そこでは終わらない。

それら全てを受け止め、踏まえて乗り越えようとする。そこに自分自身の成長を求める。

不器用で無知な自分だと知りながらも、どうにか乗り越えてやろうと心を整える。

辛さの先にあるもの見たさに必死で前に出ようと試みる。そして半歩、一歩進む。

おもしろいもので、壁を乗り越えるとまた新たな壁がやってくる。

それをまた乗り越えようともがく。そして挑戦が続く限り、苦しみながらも楽しむことが続き心は満たされる。

挑戦が好きな僕は、いわゆるドMなのだろうか?

努力は性格じゃなく習慣の賜物

もしかしたら、あなたは努力ができるできないは自分の性格によるものだと思ってはいないだろうか。

もし、そうだとしたらもったいないとしか言えない。

性格なんてものは、遺伝によるものが多少はあるのもしれないが、それで全てが決まるなんて事はあり得ない。

僕の考える性格は、いわば自分の思い込み、無意識の自分への刷り込みの結果として形成された偽りのもの、という解釈。

つまり、あってないようなものであり、良くも悪くも自分次第で変えられるものだと考えている。人間なんて恐らく都合の良い生き物だから。

自分にとって良い事を言われれば、それを信じるだろう(或いは、信じたいと思うだろう)

逆に不都合なことや納得いかないことを言われれば、それは違うと否定する感情や認めたくないと思う心が前に出るだろう。

そうやって、あなたが思っている意見と事実の相違があったとしても、

自分にとって都合の良い受け止め方をして取り込み、思い込み、無意識に刷り込み、やがては性格と捉える、性格なんてきっとそんな程度のもの。

習慣が変わると人生が変わる

性格なんて、あなたが思っている意見と事実の相違があったとしても、

自分にとって都合の良い受け止め方をして取り込み、思い込んで、刷り込んだ結晶みたいなもの。

逆に言えば、性格なんて”自分の思い込みや刷り込み”だけでいくらでも変えられるということ。

そんな曖昧なものなのに、時に厄介で、普段の言動にまで現れ、繰り返すうちに習慣化して抜け出せなくなるのが性格。

普段の言動というのは、つまりあなた自身=あなたの人生そのものだから、その染み付いた習慣の影響は計り知れないものがあるのは当然。

努力ができる人、努力を積極的に当たり前のようにする人はきっと、

自分は努力できる人間だ、こんなの当たり前だしみんなはもっとやっている、と思い込み、自分に刷り込み、努力をする人に自らなっていく。

そして、それを見た周囲の友人や家族が、「お前は本当に努力家だな」「その根性がすごい」「なんでも挑戦するやつだな」と言う。

それらを聞き、都合良く受け止めて、性格化したのだろう。(性格化なんて言葉はないだろうけどね。)

変わりたいと心が感じているのなら、心のままに動いてみることが大事。

その心が行動になり、その行動は習慣化する。そして、普段の習慣があなたの性格を変え、人生を変える。

どうせ一度しかない人生、テンプレートから抜け出して挑戦したらいい。

失敗したってまた挑戦すればチャンスがあるから大丈夫だyo!!!(笑)