Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カズ(三浦和良)が日本サッカー史上最高プレーヤーである理由

「心の豊かさ」

キングカズ、通称カズと呼ばれる「三浦和良」を知らない者はいないだろう。もし、あなたがサッカーを全く知らないとしても、その名を聞いたことがない、なんてことはないはずだ。

16歳でブラジルに単身乗り込んだカズは、己を磨き上げ、実力だけで王国ブラジルのプロサッカー選手に上り詰めた。名門サントスのエースとして不動の地位を築いた日本サッカー史上類を見ない努力の天才だ。

世界で最もサッカーを愛してやまない男

カズは、日本サッカー界を牽引し続け、世界への扉を切り開いてきた日本サッカー界のパイオニアであり、最も重要な人物と言っても過言ではない。

サッカーとともに人生を歩み、50歳を超えた今なお、日本人に夢と感動を与え続けている、1人のサッカー選手という領域を遥かに超えた存在だ。

なぜKAZUは人々を魅了し続けるのだろうか。多くの人が感動し、魂が震える思いを抱くのにはプレー以外の人間的な魅力があるからに他ならない。

ご覧になった動画でカズのサッカープレーヤーとしての凄さは十分に伝わったことだろう。

しかし、プレーが凄いだけではただのスーパースターに過ぎない。人々がカズを愛してやまないのには、サッカーに対する一途な想いがあるからだろう。

人々はサッカー選手KAZUではなく三浦和良という人間に惚れている

幾多もの栄光を掴み、時には立ち上がれないほどの屈辱を受けながらも、1ミリもブレることなく、サッカーと真摯に向かい合う。

プロサッカー選手として己を鍛え上げ、無限の向上心とサッカー愛を胸に、「KAZUのまま死にたい。」と生涯現役を願い、戦い続ける彼の人生そのものが、私たちの心に響くのではないだろうか。

人々がなぜ三浦知良を愛し、応援し続け、そして虜になるのか、その片鱗が垣間見えたのではないだろうか。

KAZUのブレない想いとサッカーを愛している姿に人々は魂を揺さぶられる

栄光に酔いしれることなく、常に上を目指し、誰よりも愚直で努力をし続ける。サッカーとともに人生を歩みながら、己の人生を賭けてその姿を見せ続ける人間は世界のどこを見ても彼を超える者はいない。

そんな、KAZUこと三浦知良は、今も本気で日本代表としてW杯の舞台に立つことを目指しているに違いない。仮にそれが非現実的だと心で思っていたとしても、彼はきっとその夢を口にし続けるだろう。

今後、KAZUのプレーがどこまでも衰えようと、日本国民はKAZUがW杯の舞台に立つ日を夢見ている。静岡で生まれ育った”努力の天才”三浦知良の夢は、彼に感銘を受けた全日本国民の夢となった。

>> 三浦和良オフィシャルサイト