iPhone

【Tips】ios版 Twitterアプリ「元に戻す」機能の使い方|間違って削除してもスグ戻せる

作成中のツイートを誤って削除したら、どうする?

あああぁぁ〜!消しちまった!頑張って書いたのに〜!

ツイート作成中に、こんな経験はありませんか?

ボクは、何度もあります。 ないとかありえる?って感じであります。

文中の言葉を前後入れ替えようとしただけなのに、操作を誤って関係ない部分を消してしまうとか。サクッと書いたものならともかく、なんとなく頑張って書いたときは、もう書く気なくなるでしょ?

そもそも、フリック入力するのを得意としていないボクは、140文字以内のツイートでさえ時間がかかるわけです。

両手をつかって文字入力している人とか信じられないです。なにその動きって感じですね。

誤って消した文字を元通りにする方法ってないの?

前述したように、iPhoneの文字入力に苦労しているボクですから、自然と「消した文字を元通りにする方法ってないの?」と思うわけです。

で、その方法を知りまして。

いつもヤっちまったときにはゼロから書き直してたので、個人的にはマジで神機能でした。

その方法がコレ!

この機能が、Twitterでもつかえたのか!

動画だとなにをしているかわからないですね。(笑)

結論、3本指で画面をタップすると、戻る機能が表示されます。

試しに、いまやってみてください。

実はこの機能、iPhoneのメモアプリでもつかえるんです。

ボクは元々メモを利用しているときにはこの機能をつかっていました。ですが、ツイッターでつかえることは知りませんでした。

なにかの拍子に、たまたまツイッターでこの機能を試してみて気がつきました。

誤って削除してしまったときに便利な機能です。

覚えておいて、損はありません。

【Tips】1秒で簡略化 iPhone コピー&ペースト「すべてを選択」を一瞬で表示する方法「すべてを選択」の表示がない...なんでよ。 コピーするとき、”全選択したいのに表示がない”! この仕様なんなんだよ。だれ得なん...
ABOUT ME
Ryoga
フリーのフリーター。別名、無職。「強さより撓やかさ」