ライフ

男性より女性が収入源を確保するために副業をすべき理由

タイトルからして偏見や主観がもろに反映されそうなテーマではありますが、なるべく一般論に落としつつ説明していきます。

日本の文化みたいなものですが、男性が働いて女性は家庭でというような風潮があります。原始時代まで遡っても、おそらく男性が狩猟に出て食べ物を確保し、女性は家で子供を育てるという構図はおそらくあったのだろうと思います。

少しずつ女性の社会進出みたいな感じで後押しされていますが、男性と女性の決定的な違いと特徴を踏まえつつ、女性が男性よりも収入源を確保するために副業やサイドビジネスをした方がいい理由を説明します。

出産・育児と仕事にまつわる様々な悩み

人生の中にはいくつかのターニングポイントがあります。引越しや進学、就職、結婚、親との死別など男性でも女性でもほぼ同様に起こることがある一方で、一つだけ決定的に違うことがあります。

その、男性と女性の決定的な違いといえば『出産』でしょう。その出産に際して、特に仕事をしている女性の場合、続けるかどうかも悩むでしょうし、会社の風当たりが強くなることなどもよく耳にします。最近でも出産・育児・仕事にまつわるニュースが取り上げられていたのは記憶に新しいでしょう。

女性と仕事ということに関して、最近話題になっていたことといえば、『医学部入試で一律減点。理由は、結婚・出産・育児によって現場を離れることが多いため臨床現場では戦力になりにくい』というものでした。

今回、出産・育児・仕事に関連する話題として、たまたま大きく一面を飾っていましたが、浅はかな推測レベルでも、このようなことは氷山の一角に過ぎないものと言っても過言ではないでしょう。

女性差別は公然の秘密だった

 この問題が発覚してから、私も都内の有名伝統校出身の医師から「私の大学でも、医学部入試で女性差別をしているのは公然の秘密だった」と聞きました。どうやら、医学部入試に問題があるのは、東京医大だけではなさそうです。

報道されている通り、医療界ではかねてから女性医師が増えることを懸念する声がありました。女性医師は結婚、出産、育児を契機に、いったん職場から離れることが多いため、臨床現場では「戦力になりにくい」と見られてきたからです。

文春オンライン・2018/8/6の記事より抜粋

東京医大、女子受験者を一律減点 男女数を操作か

東京医大はマークシート方式の1次試験後に、女子の得点を一律に減点するなどしていた。過去には1次試験を通った現役の男子学生に、自動的に2次試験の小論文の点数を加点したこともあるという。大学関係者はこうした操作を認めた上で「10年ごろには既に暗黙の了解でやっていた」と話した。

背景には、大学病院の医師を確保したいという大学側の意思があるとみられる。この関係者は「テストの点数通りにやると女子の合格者が多くなるが、女子は離職率が高い。どういう学生がいいかという大学としての判断で、(加点は)大学の裁量の範囲内なのではないか」と話した。

日本経済新聞Web版 2018/8/2より抜粋

総合職10年で6割離職の現実

サラリーマンやOLには、一般職と総合職があります。一般的には男性は総合職が8割、一般職が2割と言われ、反対に、女性は総合職2割、一般職が8割と言われています。

100パーセントかどうかは知りませんが、普通は総合職の方が給与も高く、その分仕事の量や幅も一般職に比べて求められるでしょう。一生懸命に頑張って、高い給与をもらいながら、やりがいある仕事に就き、一見いいことづくめのような総合職ですが、実態はかなり大変そうです。

新卒で大手メディアグループに入社した板倉彩さん(31、仮名)は、営業で外回りの日々を過ごした。誰もが名前を知るような大企業で仕事のやりがいもあり、給料も他の企業に就職した同級生よりも多かったが、とにかく激務だった。

「昼間は外回りの時間、書類をつくるのは午後6時以降」が“常識”の職場で、時間が惜しいので移動中に100件電話をかけるのもザラ。当然、仕事が終わるのは深夜を過ぎ、そこから同僚と飲みに行く毎日だった。

「社会人てこういうものなのかなあと。他の会社の友達と会う時間もなく『普通』が分かりませんでした」

2年働き、営業成績も良く年間表彰も受ける。ただ、終電帰りの日々に「ロウソクが縮むように命が縮む」のを感じて、転職がちらつくようになった。

悩んだ末、「これで落ちたらもう少しがんばろう」と申し込んだ求人での採用が決まり、会社を離れた。

その後1社を経て、今では職住近接の中小企業で働いている。

BUSINESS INSIDER JAPAN 2017/9/1の記事より抜粋

出産を控え、会社の本音を知ることになる

女性の社会進出を後押しするような風潮もある中で、会社の本音はその風潮とは裏腹に、そうではないのが実態としてはあるのではないでしょうか。

男性、女性ともに会社から見れば大切な戦力であることに間違いありません。ただ、戦力と捉えるのであれば、同等の働きを”いち会社の駒”として求められるのもまた事実です。

「今の時代はSNSもあるし、メディアも働き方改革のメッセージを発している。ネットや育児休業で他の世界を見て、こんな働き方はおかしいと覚醒する人は増えています。違和感をもったらできる人から辞めている印象です

キャリア支援のオンライン講座を手がけるMYコンパス(東京都中央区)代表の岩橋ひかりさん(37)は、キャリアに悩む女性をたくさん見てきた。

岩橋さんも、大手流通グループ傘下の金融機関の元総合職だ。

育児休業明けに異動した人事部で、表向きは妊娠を祝福しながら、裏では「うちの部署に戻さないで」「妊娠したハケンさんは辞めてもらう」といった組織のホンネに触れるうち、離職を考えるようになった。

BUSINESS INSIDER JAPAN 2017/9/1の記事より抜粋

休職でキャリアはストップ

出産を控え、産休に入ることで仕事は一旦ストップ、また、産後は育児休暇を取ることで同様に仕事はストップした状態が続くことがあります。期間にすると数ヶ月から1年超と決して短いとは言えず、仕事のストップによって、キャリアアップを諦めざるを得ないこともある、ということは周知の事実でしょう。

配属されたばかりの部署に迷惑をかけないよう、数年間は働いて責任を果たすか。それとも、当初の希望どおりに、20代で母になることを目指すか。

「とても悩みましたし、夫ともよく話し合いました。そこで出てきた答えは、“仕事は自分で区切りをつけない限り、いつまでも区切りがない”ということ。出産時期を延ばし続けても、キリがないと思ったんです」

休むことで周囲からは白い目で見られるだろうし、同じ部署には戻れないかもしれない。けれど、早めに出産して復帰すれば、その後にまたキャリアを積めるチャンスがあるはず――。そう考えた神田さんは、28歳の誕生日を迎えた数日後、夫を連れて産婦人科のドアを叩いた。「なるべく早く子どもが欲しいんです。どうしたらいいですか?」

幸い、タイミング法(排卵日に合わせて性交渉を持つ方法)を試してすぐに妊娠。今年無事に出産し、現在は保育園を探しながら、復帰のタイミングを図っている。

キャリアを中断して出産したことに、後悔や迷いはないという。

「子どもという存在が増えた以上、今まで通り、仕事にすべてを捧げるような働き方はできないだろうと思っています。昇進も、同期や後輩から比べて確実に遅れるでしょう。でも、すべて自分で選んだことです。これからの数年間は“そういう時期なのだ”と自分に言い聞かせて、できる範囲の成果を出していきたいです」

nikkei WOMAN ONLINE 2013/9/9の記事より抜粋

離婚率の増加と収入減による困窮の可能性

日本の離婚率は約35%前後になっており、平成27年度の厚生労働省の調査によると離婚件数は22万件にものぼります。婚姻件数は63万件あるそうですが、せっかく結婚した夫婦が1年間に離婚する数も驚くほど多いのが事実です。

離婚の際には、女性のみならず男性にも様々な苦労が想像されますが、女性が困るポイントとしては急激な収入減が挙げられるでしょう。

離婚する場合、大抵の場合は母親が子供を引き取るケースが多いものです。平成28年度の厚生労働省の統計では、(ひとり親世帯になった理由が離婚以外のものも含めて)母子世帯が123.2万世帯、父子家庭は18.7万世帯です。

また、この調査の中では、父子・母子世帯の平均年収などが出ていますが、大幅に母子世帯の収入が少ないことが示されています。

例えば、父子・母子家庭での、親の平均年間収入を比べると、父子世帯は420万、母子世帯は243万です。また、平均年間就労収入では、父子世帯398万である一方、母子世帯は200万です。これだけ見ても、離婚をした場合、女性が収入面で著しく困窮する可能性は高いと言えるでしょう。

複数の収入源を身動きの取りやすいうちに作る

ここまで、出産・子育て・仕事に関して、特に女性目線で一般論的な見解から、収入減に備えるべきだということをお伝えしてきました。

この記事の冒頭にも書いたように、人生には様々な転機・ターニングポイントが待ち受けています。100人いれば100通りの転機・ターニングポイントがあるのは当然です。

人生の数あるターニングポイントの前に動く

ただ、100通りとはいえ、ほぼ必ず同じような場面を迎えることになります。それが、冒頭に挙げたような「引越し、進学、就職、結婚、親との死別」であり、また、それ以外にも結婚・出産・育児・離婚・昇進・転職・転勤などがあります。

僕自身、結婚をして子供ができてからというもの、自分のやりたいことはほぼできなくなりました。仮にできても集中してできる時間や場所は相当に限られ、進むものも進まないという状況を経験してきました。

それは、家庭内である程度コントロールできる部分もありますが、子育てをしている状態そのものは変わらずそこにあるので、コントロールしきれないことも多々あるのは必然です。

ここでは、僕自身が経験した”身動きの取れない状態”として子育てを例に出しましたが、それ以外にも様々なことが理由で”自分がしたいことができない”、”自分の時間がなかなか取れない”ということは起こるので、そうなる前に準備しておくのが理想です。

男性と女性の圧倒的コミュニケーション能力の違い

男性と女性のコミュニケーション能力は違います。

女性のコミュニケーションには「感情的共感」が大きな割合を占めているということだ。実際にフェイス・トゥ・フェイスで接客をする職業に女性が多いという事実は、この論の正しさを物語っている。

このことは、また心理学の実験でも実証されている。イギリスの有名な発達心理学者であるケンブリッジ大学のバロン=コーエンは、「怒り」「喜び」など、さまざまな感情を持った人の顔写真の「目元部分」だけを切り取って、実験参加者に見せ、写真人物の感情を当てさせる実験を行った。その結果は、女性のほうが、男性よりも、目元写真だけで相手の感情をより正確に推測できた、というものだった。

その後の研究で、その男女差は「共感性」の違いによるものだったことが分かった。つまり、共感性の高い人は、相手の感情を読むのがうまいのだ。

もちろん男性にも共感性が高く、相手の感情を読むことがうまい人もいる。だが、進化の過程で、話のできない赤ん坊の面倒を見るという「仕事」をこなしてきた女性のほうが、そういった能力が先天的に高いのは頷ける話だろう。

したがって、一般論として共感性を必要とする仕事には、男性よりも女性のほうが向いているだろう。その一方で、上記の会話の例でもわかるように、論理性を重視するならば、男性のほうが向いていることになる。

DIAMOND online 2015/6/25 の記事より抜粋

この記事の抜粋からも分かるように、男性と女性のコミュニケーションの取り方には根本的な違いがあります。

女性のコミュニケーション力を活かせる副業がベター

コミュニケーションの取り方には、男性と女性で違いがあり、何かに取り組むので、あえて不慣れで苦手なことを選ぶよりも、はじめから持った能力を活かせるものがいいことは言うまでもありません。

副業・サイドビジネス・在宅ワークと呼ばれるものは数多くあります。そして、論理的思考を持つ男性と、共感をベースとしたコミュニケーションを取る女性と、得意とするものには違いがあると考えるのが妥当でしょう。

女性のコミュニケーション力を活かせる仕事、と聞いて、チャットレディ・テレアポ・接客業・水商売などイメージされるかもしれませんが、どれも単発的な収入にすぎず、副業として選ぶのに最適かということで言えば、”その場しのぎの副収入”で考えているならいいかもしれないと言わざるを得ません。

収入増・収入源の確保にはインターネットを活用すべき

職種や職場環境、会社が求めるものや理念などは違いがあるので一概には言えませんが、一般的に女性よりも男性の方が働いている割合、労働時間、また求められる役割が多いと思います。

それゆえ、仕事ということだけに絞って言えば、男性よりも女性の方が多少なりとも時間はあるでしょう。もちろん、仕事をしていない専業主婦でも家事に追われるでしょうし、家庭と仕事以外の事情で時間なんてない、という方もいるでしょう。あくまでも個別具体的な事例を脇において、一般的に見てということです。

収入を増やすと考えるだけではなく、継続性・長期性・自動化の視点も大事

前述した「仕事ということだけに絞って言えば、男性よりも女性の方が多少なりとも時間はあるでしょう。」ということを踏まえ、何かすべきということに話を戻すと、収入を増やすという視点だけで副業・サイドビジネス・在宅ワークを始めるのではなく、より良いものを選ぶことが求められます。

少なくとも、収入は継続されるものか、長期的に続きそうか、という視点は必要です。また、始めたときは多少余裕があっても、次第にそれに充てる時間がなくなっていく可能性も十分ありますので、できれば自動化できるものという3つのフィルターで選ぶことが理想であり、その点においてインターネットの活用は必須です。

副収入・プラスαを得るのにはインターネットの活用が必須

「インターネットの活用は必須」と言いましたが、なぜかというと、例えば、以前まで起業は誰にでもできることではありませんでしたし、ビジネスを始めるとなれば、店舗を持ち、従業員を雇い、商品を用意して、広告を出すなど、資産に余裕がある人しかできるものではありませんでした。

一方で、インターネットはそのどれも多大な費用をかける必要などなく、無料または数千円程度の経費で始めることができます。

店舗を持つことは、例えばネットショップが使えますし、無料ブログでも店舗の役割を果たします。従業員を雇う必要はなく個人で始めて徐々に大きくしていけばいいですし、商品は、例えば有益な情報をまとめたPDFでもいいでしょう。PDFなら一度作成すればそれ以後ずっと使えますし、アップデートも容易です。

また、自分のいらないものを中古品として販売するネットオークションのようなものもあるので、それを使えば商品にお金をかけることなく始めることができます。広告を出すことも、メールマガジンやLINE@、また既存のネット広告を活用しても数百円から数千円もあれば十分です。

いま、副業を始める人が増え続けている

今の時代は、嬉しいことに誰でも副業・サイドビジネス・在宅ワークを手軽に始めることができます。公共のフリーwi-fiやインターネット設備がそこら中に整備されていますので、仮に自宅では無理でもほぼ全員がスタートラインに立てる環境を持っています。

携帯電話やパソコン、タブレットひとつあれば、誰でも本業以外の収入を作ることができる時代です。今、SNSなどでも盛んに副業についての話題や広告が出ていますが、それだけでもいかに多くの人がハードルの下がった副業・サイドビジネス・在宅ワークを始めているかが見てとれます。

その流れがどこからきているのかと言えば、ただの興味本位やお小遣い稼ぎではなく、生活を維持するために必要だからでしょう。日本で貧富の二極化が進んでいることは明白であり、安定の代名詞と言っても過言ではない公務員にも副業が解禁されるなど、今は明らかに「自分で稼ぐこと」が求められています。

つまり、「やった方がいいかもしれないと思っている。」とか、「そのうちやろうと考えいる。」なんて悠長なことを言っている場合ではないということです。

まとめ

今回の記事では、『出産』をターニングポイントとして、仕事と付き合っていくことの難しさや会社の本音まで、一般的に見受けられる事例と最近話題になっていたホットなニュースも取り上げて説明しました。

出産そのものは、新しい家族が増えることであり、本人も含めた家族や両親、親族、周囲の友達や知人も心から祝ってくれるようなことである一方で、当事者である女性が、出産・育児を通じて取らざるを得ない休暇などから職場にいづらくなったり、それが原因で離職せざる得ないことにもなるなど、様々なケースがあります。

もちろん、子育てという点では、女性だけでなく、最近は育児休暇を取る男性も徐々に増えているので、男性にとっても無関係ではありませんが、そもそも出産をする張本人の肉体的な変化や精神的負担など、事例としては該当者が女性であることが多くなるのは必然でしょう。

また、そのほかにもいくつかあげたような理由から、『男性より女性が収入源を確保するために副業をすべき理由』があることは、全くもって的外れな見解ではないということを少しでもご理解頂けたのではないでしょうか。

巷で話題の副業・在宅ワーク

最後に、男性よりも女性が大きな収入を得ている割合が圧倒的に高く、徐々に人気が高まっている副業がありますのでご紹介します。

人気の秘密はいくつかあると思いますが、以下の点は女性がこの副業・在宅ワークを選ぶ際に重要なポイントなのでしょう。

■完全在宅でできること
■時間を問わずできること
■インターネット環境があれば場所を問わずどこでもできること
■パソコンスキルなど一切不要なこと
■スマートホンやi-phone、PC、タブレットなど、どれか1つあればできること
■コミュニケーション力が高い女性がやりやすいこと
■成果報酬型で大きな収入が見込めること

以前から本ブログでもこの副業に関しては包み隠さずに案内をしていたのですが、ここ最近特に問い合わせが多く、コレほど需要があったのかと正直驚きました。

「以前から名前は知っていたけど、その時は内容を聞かなかった。」「育児休暇中の収入減で悩んでいた時に見たこの動画はとても役に立った。」「最近始めたばかりの友達がたくさんいて私も始めました。」「メモを取りながら集中して見ていました。コレが人生の転機だと強く感じました。」等の嬉しいメッセージを頂いております。

子育て主婦に人気の”副業・在宅ワーク”

前述した、いま巷で話題の「男性よりも女性が大きな収入を得ている割合が圧倒的に高く、徐々に人気が高まっている副業・サイドビジネス・在宅ワーク」がこちらです。

[su_button url=”https://kafka-pt.net/l/c/wWjmfuHk/nrV0gdRw” style=”3d” background=”#ee5657″]子育て主婦に人気の”副業・在宅ワーク”[/su_button]

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

ABOUT ME
smiletrip-oneworld.com
「16歳で渡英」初海外を経験し価値観と概念が広がる。その後30ヶ国のひとり旅を経験。本気で死にかけたことは2度ほど。南米で2年半の蹴球生活を終えて帰国。小心者ながら、海外では西語と英語を話せる風の日本語ゴリ押し戦略で常に突破口を切り開いてきた旅人。最近Google Mapの使い方を知った30代ながら自称ノウハウコレクター。現在は「人生のレールなんかない」をテーマにブログで発信。
【激アツ】2020,Amazonがスゴイ!
【激アツ】今,Amazonがスゴイ!