ひとりたび

僕は何者?

香港の光と影

 

僕は何者でもなく、

何かになりたい者である。

僕は何者でもなく、

あるがままにいたい者である。

 

初めまして、

東京在住のKENと申します。

 

フリーランスやノマドワーカー、そんな自由な雰囲気を醸し出す言葉が流行する現代に、それに逆行するかのように”Work Life”を楽しんでいます。

小学生で出会ったサッカーと、16歳で初めて経験した海外を舞台にした旅に魅了され、いわば、自由奔放・勝手気ままに過ごしてきました。

 

短絡的で浅はかとも揶揄される性格の裏側には、開放感と自由な人生を歩みたいとの気持ちが渦巻き、それを模索しながらこれまで進んできました。

その陰には、様々な葛藤やもどかしさもありましたが、反対に、喜びも感じてきました。

 

今着々と人生の目的に向かい【自分らしくあるがままに】過ごしています。

 

一度目的が定まると、それに向かって集中し出すのは、良くも悪くも自分らしいのですが、対照的に俯瞰して自分の言動を振り返る両極端な面を持っています。

個人的には「グレーに生きていける」という表現をしていて何色にでもなれる特徴的性格が項を奏し、これまで多くの人に出会う中で学び、成長してきました。

人と人が交わるこの世界で、海外に魅了されてからというもの、日本だけにとどまることができず、世界30カ国以上を駆け巡ってきました。

 

僕が伝えることが、パスポートも作ったことがないあなたにとって、海外に飛び出す背中を押すものとなって欲しいし、

世界中でサッカーをしたことのないあなたにとって、してみたいと思うきっかけになって欲しい…

 

言葉や文化の違い、価値観の違いに驚き、共感し、あなたの常識をひっくり返されながら、踏まえて乗り越えて、自分という人間を一回りもふた回りも大きくできるもの、それが”旅”です。

 

ちょっとの勇気を持って飛び出し、世界を旅をすることで、多くの困難に出会い、乗り越え、そこで得た経験を、次の世代に伝えて欲しい…

そんな抽象的な思いとともに、時には具体的に、時には感情のままに、思いの丈を綴っていきますね。^^

ABOUT ME
smiletrip-oneworld.com
「16歳で渡英」初海外を経験し価値観と概念が広がる。その後30ヶ国のひとり旅を経験。本気で死にかけたことは2度ほど。南米で2年半の蹴球生活を終えて帰国。小心者ながら、海外では西語と英語を話せる風の日本語ゴリ押し戦略で常に突破口を切り開いてきた旅人。最近Google Mapの使い方を知った30代ながら自称ノウハウコレクター。現在は「人生のレールなんかない」をテーマにブログで発信。
【激アツ】2020,Amazonがスゴイ!
【激アツ】今,Amazonがスゴイ!