アフロは思う

日本ではNGの大麻だが国が違えば合法

人を殺すことは世界共通でしてはいけないことという当たり前の共通認識があります。

どこの国や地域でもダメなものはダメです

しかし、一方では宗教の違いや法律の違いで、NGとされる場合もあればOKとされるものもあります。

このニュースはその類の一つです。日本には大麻取締法というものが存在します。

日本では禁止されている大麻ですが、大麻取締法には一見すると不思議な見解があります。

これを見ると、禁止の対象になっている範囲が曖昧にも見えますし明確にも見えます。

さて、本題です。

大麻はNGとされる国や地域がある一方で、OKとされる、つまり合法な国や地域もあります。

この記事で取り上げているニュースで言えば、

逮捕された少女は、日本では違法として逮捕されましたが、合法な国では罪に問われることはありません。

それを踏まえると、ある意味では被害者です!

大麻を巡る世界事情

世界には大麻を合法化している国が実際にあります。

また、世界中で最もメジャーな飲み物の一つ、あのコカ・コーラでも大麻成分入りの飲料が検討されるているなど、世界各国の大麻を巡る動きは様々です。

【号外】沢尻エリカ逮捕に見る自由の不自由さ|善悪と常識の狭間

ボブマーリーが語るハーブ

国や宗教の違いによる思い込み

大麻を推奨しているということではなく、〇〇しなければならない、〇〇してはならない、という思い込みや固定概念は、国や地域が違えば全く異なる、ということです。

ひとつのことに囚われると、思考停止に陥ります

日本ではお酒は合法ですが、例えばイスラム教では禁止です。

それと同じことが大麻にも言えるということです。

大麻についてもう少し深く知る

大麻取締法によって世間的には“良くないもの”として見られることが一般的ですが、日本でも大麻を巡る動きは様々あり、医療大麻を考える会などもあります。

また、日本では神事でも使われるなど、切っても切り離せない関係にあるのが「麻」です。

筑波大学教授の原田氏は、そもそも「大麻」とは何か?日本がいま考えるべき「マジメな使い方」という記事で大麻について語っています。

何事も、世間の一般的な常識や価値観をそれが全てで絶対のものと思い込まずに多面的に見つつ、

正しい知識を取り込んだ上で、肯定否定、取捨選択することが大切だと思います

【号外】沢尻エリカ逮捕に見る自由の不自由さ|善悪と常識の狭間

ABOUT ME
smiletrip-oneworld.com
「16歳で渡英」初海外を経験し価値観と概念が広がる。その後30ヶ国のひとり旅を経験。本気で死にかけたことは2度ほど。南米で2年半の蹴球生活を終えて帰国。小心者ながら、海外では西語と英語を話せる風の日本語ゴリ押し戦略で常に突破口を切り開いてきた旅人。最近Google Mapの使い方を知った30代ながら自称ノウハウコレクター。現在は「人生のレールなんかない」をテーマにブログで発信。