アフロは思う

”目”は頼りにならない

あなたが”目”で見ているものは、実は全く頼りにならない。

 

嘘っぱちの世界を映し出しています。

 

目で見えているものなんて、本当は斜めでも水平に見えることもあれば、

本当は動いてないのに動いているかのように見えることもあります。

 

「こいつ、何を訳のわからないことを言っているのだろう」

 

そう思いましたか?

 

 

いえいえ、残念ながら全くスピリチュアルな話ではありません。

 

ただただ事実を述べたまでです。

 

「フザけたことを言っているのかと思ったけど、そう言われると、そうかもしれない…。」

 

「隣を走っている電車が動いていると、自分が乗っている電車も動いているように見える…。」

 

そう、実は身の回りで起こっているそれも、”目”で見ているものは、実は全く頼りにならない、嘘っぱちの世界を映し出していますということの一つです。

 

 

さて、僕は一体何を言いたいのでしょうか???

 

 

今日は、その事実のみを伝え、その事実を聞いて改めて気づいた、”あなた自身が感じる何か”それが僕の言いたかったことになります。

 

答えはなく、あなた自身が感じた心の声が”あなただけの答え”です。

 

目を閉じると、そこはイメージの世界…ですよね。

 

もしかしたら、あなたは何にでもなれる…かもしれません。

 

もし、どうしてもあなたが目に見えている世界が絶対だと思うのであれば、面白い場所を紹介します。

 

東京・千代田区北の丸公園にある科学技術館

 

そこで、あなたはあなたの”目”が全く頼りにならない、という真実を目の当たりにすることができます。

 

大人も子供も楽しめる場所ですので、ぜひ一度行ってその真実を確かめてみてください。

 

あなたがその真実を知ると、嘘っぱちの世界が見えてきます。

 

人体は、面白いくらい見えているものに反応します

 

それを逆手に取れたら、きっと僕たちは何にでもなれます。

 

ABOUT ME
smiletrip-oneworld.com
「16歳で渡英」初海外を経験し価値観と概念が広がる。その後30ヶ国のひとり旅を経験。本気で死にかけたことは2度ほど。南米で2年半の蹴球生活を終えて帰国。小心者ながら、海外では西語と英語を話せる風の日本語ゴリ押し戦略で常に突破口を切り開いてきた旅人。最近Google Mapの使い方を知った30代ながら自称ノウハウコレクター。現在は「人生のレールなんかない」をテーマにブログで発信。
【激アツ】2020,Amazonがスゴイ!
【激アツ】今,Amazonがスゴイ!