アフロは思う

【号外】沢尻エリカ逮捕に見る自由の不自由さ|善悪と常識の狭間

「沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬所持の疑い」

「女優 沢尻エリカ容疑者を合成麻薬所持の疑いで逮捕 警視庁」

「沢尻エリカ、大麻パーティーの夜 “衝撃の現場画像”をバルセロナで入手」

などなど、

女優 沢尻エリカが逮捕された”だけ”で、

メディアが一斉に報道しているこの醜態を横目に、

もっと大事なニュースがあるでしょ……

と思わずにはいられません。

ブログや拡張機能等々の記事では分かりやすく丁寧に書くことを意識していますが、「アフロは思う」のカテゴリーでは思ったことをそのまま書いています。

ブログには息抜きも大切です。

SEOなど度外視で思ったことを自由に書くこともまた楽しいですよ。

ただの独り言に過ぎませんので、その点はご理解ください

正直「別にどうでもいいニュース」です

正直、どうでもよくないですか?

というのが本音です。

「沢尻エリカが逮捕された”だけ”」です。

ツイッターでも各エンタメサイトでもテレビでも、どこもかしこも一斉に話題にして取り上げているわけです。

お陰で政治家は大喜びですよ。だって、もっともっと取り上げられるべき、大事なことが国民の頭から一斉に消え去りますからね。

だいたい、大きな出来事があるときは、このようなニュースで覆い隠されます!

それはさておき、twitterでの投稿なども、まるで沢尻エリカが逃げているように見えます。(主観です)

題材が題材だけに、余計にそう思わせますよね。(本当に逃げたい気持ちだったのかもしれませんが…。)

善悪は誰が決めるのか?違法と合法の間にある不自由

さて、今回はMDMA所持で逮捕となりましたが、これはあくまでも日本国内で所持しているから逮捕されたわけです。

つまり、日本の法に触れたということです

日本の法律を基準とすると、当然”常識的に見てよくないこと”になります。

誰に聞いても”よくないこと””違法行為””捕まって当然”となります。

でも、世界中どこにいてもMDMAは違法なのでしょうか?

あなたが賞賛・興奮・拍手喝采した”あの”沢尻エリカ

不思議なもので、ヒトはXとYを結びつけます。XとZも結びつけます。

今回の「沢尻エリカ 逮捕」「沢尻エリカ 薬物」「沢尻エリカ MDMA」

などがそれにあたります。

根拠がなくても、それらしき理由をあなたの頭の中で作り上げ、結びつけ、因果関係を構築してそれを事実とします。

今回の件で、沢尻エリカは色々なことと結びつけられ、今後ことあるごとにそれが彼女につきまとうでしょう。

それぞれの頭の中で結びつけられた因果関係を元に、です!

ドタキャン、突然のハイテンション、現場での奇行……沢尻エリカは大麻中毒だった

あなたは、沢尻エリカの演技を見たことがありますか?

あなたは、可愛い・綺麗と思ったことや、良いイメージを持っていたことがあるのではないでしょうか?

しかし、突如「麻薬」「大麻」「逮捕」など、悪を連想しやすい言葉がひとことふたこと出ただけで、手のひらを返したように沢尻エリカを批判・バッシングしますよね。

沢尻エリカMDMA逮捕 本人が語っていた「やめられない。これが私のライフスタイル

あなたが見ていた”あの”沢尻エリカも、現在の沢尻エリカも、同じ人間です。

たったひとつのことだけで、沢尻エリカを全否定するかのように煽るメディアもどうかと思います。

様々な記事やツイートを見ても、印象を悪くすることばかりが飛び交っています。

これって自然なことなのでしょうか?

ついさっきまで、電車内の広告で見た沢尻エリカと同じですよ? テレビで見ていた沢尻エリカと同じですよ?

【コラム】なぜ日本では「容疑者」の作品は自主回収されてしまうのか

常識は常識ではない|世界の常識と日本の常識は違う

麻薬や大麻に限らず、「国が違えば常識が違う」ということは認識しておいたほうがいいことです。

日本ではダメでも世界では捕まらない、違法ではないというモノは薬物に限らずにありますよね。逆も然りです。

イスラム教では豚は食べません。つまり食べてはダメな動物ですが、日本では食べますよね。同じくヒンドゥー教では牛は食べませんが、日本であれば普通に食べますよね。

Ten Years After Decriminalization, Drug Abuse Down by Half in Portugal

この記事のまとめ

あなたはどう思いますか?

僕はそこが一番大事だと思うんですよね。

普段の生活を見ても、仕事でも同じことが言えると思います。

今回の記事は沢尻エリカ擁護でも批判の記事でもなく、「あなたはどう思ういますか?」 を根幹にした記事です。

「あなたはどう思いますか?」これがないなら、テレビ局も新聞も週刊誌も複数ある意味がないですよね。

誰に聞いても同じ答えが返ってきたら全くオモシロくないですよね。

あなたの考えとAさんBさんCさんDさん…みんなの答えが全く同じわけないでしょう。

みんな、生まれた環境も育った家庭も、仲間も何もかも違うのに、みんなと全く同じなんてことはあり得ないですよ。

何にしても、あなたの意見を持てばいい!

それは生きていくうえで、自分の人生を歩むならとても大事なことだと思います。

結論、

物事をひとつの側面から見るのは危険すぎるし、常識に囚われるのは不自由だ! 

というのが僕の主張です。

ABOUT ME
smiletrip-oneworld.com
「16歳で渡英」初海外を経験し価値観と概念が広がる。その後30ヶ国のひとり旅を経験。本気で死にかけたことは2度ほど。南米で2年半の蹴球生活を終えて帰国。小心者ながら、海外では西語と英語を話せる風の日本語ゴリ押し戦略で常に突破口を切り開いてきた旅人。最近Google Mapの使い方を知った30代ながら自称ノウハウコレクター。現在は「人生のレールなんかない」をテーマにブログで発信。
【激アツ】2020,Amazonがスゴイ!
【激アツ】今,Amazonがスゴイ!