心を癒す音

Bob Marley|Jah Rastafari-ボブ・マーリーのメッセージ

Bob Marley|ボブ・マーリー

ボブ・マーリー(Bob Marley、1945年2月6日 – 1981年5月11日、出生名ロバート・ネスタ・マーリーRobert Nesta Marley)は、ジャマイカのレゲエミュージシャン。その音楽はラスタファリ運動の思想を背景としており、彼の音楽と思想は数多くの人々に多大な影響を与えた。
Wikipediaより引用
https://ja.wikipedia.org/wiki/ボブ・マーリー

  Feel it |Bob Marley

世界中に数多くの有名人はいるが、認知度で言えばBob Marleyが間違いなくナンバーワンだろう。少なくとも世界30ヶ国を旅してきた僕としては、そう感じざるを得ない。

もし、あなたが一度もボブ・マーリーの歌声を耳にしたことがないのなら、たった一度でいいから眼を閉じて、思考を空にして、心で聴いてみてほしい。

その時、あなたはなにを感じるだろうか。歌詞は二の次にしてほしい。言葉を理解しようとするのではなく、音でバイブスで心で感じ取ってほしい世界がある。感じることが大切だから。

JAH RASTAFARI

今から約100年前、1920年代のジャマイカで、黒人民族主義指導者だったマーカス・ガーベイが「もうすぐ黒人の王がアフリカに現れ、その男は救世主となる」という言葉を残した。

それから数年後の1930年、ハイレ・セラシエ1世(本名ラス・タファリ・マコンネン)がエチオピアの皇帝に即位した。

この「もうすぐ黒人の王がアフリカに現れ、その男は救世主となる」という預言が的中したと考えたマーカス・ガーベイ信奉者達が、ハイレ・セラシエ1世を「救世主=キリストの再臨」として崇め、それがラスタファリ運動の始まりとなった。

ラスタファリの思想や主義は旧約聖書に大きく影響を受けているが、「楽園」については彼ら独自の考え方がある。彼らの思想には、彼らの先祖たちが奴隷として故郷(アフリカ)から強制的に連れ去られたことから、今いる場所を「本来居るべきではない地獄」としている。

つまり、彼らにとってはアフリカこそが「ザイオン」であり、アフリカが地球上の楽園であり、「アフリカへの回帰」こそが多くのラスタファリアンたちにとって究極的なゴールとの思想がある。

そしてラスタファリアンたちが目指すところは、単にアフリカへの回帰だけではなく、アフリカをより良い土地に変え、アフリカの文化を保護し、西洋社会(バビロニア社会)が奪い去ろうとした彼ら本来の生き方を全うすることにある。 

思考を空にして感じるだけでいい

1日のうちで、何も考えず過ごしている時間が寝ている時だけ、なんて生活はただただ消耗してしまう。目を閉じて、考えることをやめ、そこにある空気に身を委ねる。

感じるままに、思考を空にして、ただ音に耳を澄ましてみたら、心が次第にトロけていくのを感じられるだろう。

余計なことは考えなくていい。フィーリングで感じるんだ。このままじゃ、物質社会に飲み込まれて感覚が麻痺してしまう。体の芯まで伝わるバイブスを、感じるままに。

Bob Marley|ボブ・マーリーのメッセージ


ボブマーリーの言葉を聞いて何を感じただろうか。

言葉の意味が分からなくても、あなたの心に何かが響いたはずであり、伝わるものがあったのではないだろうか。言葉の端々から滲み出る存在感。きっとボブマーリーは人生そのものを愛していた。

自分の人生を愛し、人を愛し、音楽、サッカー、言葉、ラスタファリズム、それらを通じて、世界中に様々なメッセージを送っていたのだろう。

そのメッセージに感動し心動かされ、また、どれだけの人が救われたのだろうか。そして、心地よいサウンドにどれだけの人が癒されただろうか。

世界中のどこからでもBobMarleyの歌声は聞こえてきた。そして、体の芯まで響くハートビートを心ゆくまで楽しみ、心地よさに浸っていた。インドでも、スペインでも、トルコでも、ウルグアイでも…。

ボブからあなたへ

Every man gotta right to decide his own destiny.
誰もが自分の運命を決定する権利を持っている。

ABOUT ME
smiletrip-oneworld.com
「16歳で渡英」初海外を経験し価値観と概念が広がる。その後30ヶ国のひとり旅を経験。本気で死にかけたことは2度ほど。南米で2年半の蹴球生活を終えて帰国。小心者ながら、海外では西語と英語を話せる風の日本語ゴリ押し戦略で常に突破口を切り開いてきた旅人。最近Google Mapの使い方を知った30代ながら自称ノウハウコレクター。現在は「人生のレールなんかない」をテーマにブログで発信。