Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

物事は受け止め方次第

THOUGHT


KENです!(^^)/

もし、急に雨が降ってきたら、あなたは何を感じるでしょうか?

ある人は、雨が待ち遠しくて仕方がなかったかもしれません。また、ある人は雨が降ってテンションが下がってしまったかもしれません。

同じ、”雨が降る”という現象に対して、感じることは十人十色ということです。

つまり、”雨が降る”ということ自体には、ポジティブな要素もネガティブな要素もないのです。

「ポジティブかネガティブかはあなた自身が決めている」ということです。

僕は、海外旅行中馬鹿なコトをしました。18歳という年齢と安易な心、そしてやましさが出た結果だと思っていますが、「この絨毯はとても良い物で、日本で売れば50万になる。お前には色々世話になったし20万でいいよ。」

これで買ってしまうのだから、思い返せば馬鹿にもほどがあると思います。

ですが、この時の気持ちはどうでしょう?「帰ったら売って金稼ぎしよう!ニヤニヤ」です。わかりますか?

この事象にしても、はたから見ればただ騙された馬鹿野郎な訳ですが、僕のその時の気持ちはむしろHAPPYになっている(お金儲けを考えてHAPPYになっているのも単細胞だなと…笑)わけです。

ある事象をどう捉えるか?

仮に、一般的に見てネガティブな要素の強いものだとして、あなたはその事象を通じてどうポジティブな方向に心を導いていけるのか?

これは、人生において毎日のように繰り返される”選択の連続”ですよね。

ネガティブに受け止める選択もできれば、ポジティブに受け止める選択もでる。

あなたがサッカーチームに所属していて、明らかに好調な時に試合のメンバーから外されたら、あなたはそれをどのように解釈して、踏まえて乗り越えられるでしょうか?

監督のせいにして、ウサ晴らしをしますか?それとも、自分に向けて何かを問いかけますか?正解はありませんが、僕は後者を選びます。それは、そこに目を向けなければ自己成長はないと考えているからです。

今日、もしもあなたの想定外のことが起きた時、あなたはそれをポジティブに受け止められるでしょうか…?

何が起こるかわからないところがまた人生の醍醐味ですよね!(^^)/

 

16歳の頃に渡英-初海外を経験。その時、海外での空気感、自分が解放された感じに心地よさを感じ、それからというもの、日本と海外を往復する人生となりました。今まで、ヨーロッパ、アジア、南北アメリカ大陸を中心に世界30カ国ほどに行き、数え切れない出会いがありました。あなたにも体験してもらいたいこのWonderful World。少しでも背中を押すきっかけになれば嬉しいです。Meesage from Ken