アフロは思う

南米で出会った2人の天才とベクトルの方向

ベクトルの方向

分かれ道はたったそれだけだったのかもしれない。

僕が南米にいた頃、
2人の”天才”に出会いました。

1人はいわゆる、”天才”
才能豊かなサッカーの申し子のような”天才”でした。

そして、もう1人の”天才”
彼は、非力さを認めた”努力の天才”でした。

彼らも彼らなりに
その時に壁にぶつかっていました。

それぞれが
壁にぶつかっている中で、口にする言葉は対照的でした。

サッカーの申し子のような”天才”は、
なんで監督は…なんであいつなんかが…あいつより俺の方が…

一方、非力さを認めた”努力の天才”は、
認めてもらえるよう頑張るしか無い、と黙々と努力していました。

ベクトルの向いた方向が、
自分の外側だったのか、それとも内側だったのか、が違いでした。

その時点で、2人の天才はほぼ同じレベルか、
どちらかといえば、サッカーの申し子のような”天才”が少し上でした。

しかし、数年後、
その2人のレベルは逆転していました。

ベクトルの向いた方向が内側だった”努力の天才”は、
その後も努力を積み重ね大きな結果を残すことになりました。

変えられないかもしれない外側に目を向けるより、
必ず変えられる内側に目を向けた方が、良くなりそうですよね。

ABOUT ME
smiletrip-oneworld.com
「16歳で渡英」初海外を経験し価値観と概念が広がる。その後30ヶ国のひとり旅を経験。本気で死にかけたことは2度ほど。南米で2年半の蹴球生活を終えて帰国。小心者ながら、海外では西語と英語を話せる風の日本語ゴリ押し戦略で常に突破口を切り開いてきた旅人。最近Google Mapの使い方を知った30代ながら自称ノウハウコレクター。現在は「人生のレールなんかない」をテーマにブログで発信。
【激アツ】2020,Amazonがスゴイ!
【激アツ】今,Amazonがスゴイ!