生活の智慧

「脱・パート」主婦が在宅で収入アップする為の思考

「脱・パート宣言で収入アップ」

この記事は、収入を増やしたいけど何をしたらいいのか分からないあなたに向けて書いています。

前提として「労働」「インターネット」どちらでも収入を得ることが可能です。そして、インターネットを活用した副業・在宅ワークは年々容易になっています。

まずは、それぞれのメリット・デメリットを知ってください。どちらにもメリット・デメリットはあります。「労働」「インターネット」一方だけに絞らなくてもいいと思いますし、そのあたりは好みに合わせて選択したらいいと思います。

結論、「ネットを利用した副業・在宅ワークはメリットが多い」ですが、ネットを活用する理由さえ分からなければその言葉の意味も分からないでしょうから、まずは以下の動画をご覧ください。

動画ですが、見ないで聞くだけでもわかるように構成してありますので、家事をしながらイヤホンで聞いてもらえれば十分です。


動画収録時に近所の子供が元気に走り回る声が多少入ってしまいましたが、決して空耳でも心霊現象でもありませんので、気になさらないでください。

労働の対価だけでは厳しい現実

「労働」「インターネット」それぞれのメリット・デメリットはご理解いただけたかと思います。また、それを踏まえて「インターネット」の優位性もイメージできたかと思います。

労働で「かけた時間の対価」として収入を得る場合、その収入には上限があります。それは働ける時間に限界があるからです。

あなたの「価値観の外側」にあるネット副業

ただ、それでも「労働で稼ぐこと」が普通の価値観ですから、「インターネットでも稼げますよ。」と言われても、なんだか腑に落ちないでしょう。

とはいえ、考えておかなければいけないことは「労働は体が資本」だということです。怪我や病気など、不測の事態が起きればいきなり収入が激減します。

ですから、それら不測の事態に備えておく意味でも、何をやるかはさておき、インターネットを活用した在宅ワークや副業には目を向けておかなければなりません。

数ある副業から何を選べばいいのか

動画内でも「インターネットを活用するメリット」として挙げましたが、資産化するにはある程度の時間が必要です。慣れないことをやるとすればなおさらです。

ただ、少しずつ丁寧に積み上げていけばあなたが想像した以上の結果が出るでしょう。

そして、収入についても、成果報酬型が基本なので、月に10万、50万、100万…それ以上に収入が増えていく可能性は誰にでもありますが、はじめから高望みすると疲れてしまいます。

インターネットを利用すると、費用はほぼかかりませんし、在庫がいらないこともメリットです。とにかく「スタートするハードルがとても低い」ものです。

ブログやYouTube、情報販売、物販、FX、バイオプなど、副業は数多くあります。何をするかは好みや性格、取れる時間などにも違いがあるので、それらを考慮して選択すればいいと思います。

結論、個人の能力やスキルの差がありますし、「これがいいよという特定の副業はありません。

それでも、誰がやっても同じように稼げるものはあるので、それから始めて本当にインターネットを利用して稼げるんだ、ということを実感するところからスタートするのが最適解かと思います。

誰がやっても同じように稼げるものについては「子持ち主婦の副業はリスクなくできるものから」の記事で書いていますので、興味があればご覧ください。

まとめ「労働の限界・ネットの優位性」

いかがでしたでしょうか。記事を読んで、「労働の限界・インターネットの優位性」を少しは感じたのでないでしょうか。

ネットを活用した収入源の構築は必ずやるべきだと個人的には思っていますが、それはあなた自身の選択です。

今日は、「インターネットを活用すれば収入を得られる可能性がある」ということに気づいただけでも十分だと思います。

最後に、余談ですが、面白いニュースを目にしました。ざっくりですが、概要は「引きこもりがちの小学生がユーチューバとして生きていく」というニュースです。

ユーチューバーとして生きていく、なんていう選択肢ができたのはここ数年です。新たな職業が生まれ、一方で今ある職業がAI(人工知能)や外国人労働者に奪われることが懸念されています。

常に時代は移り変わっていくので、その時代の変化に飲み込まれず対応できる術を身につけることが生きていく上では大切なのでしょう。とはいえ、振り回されないようにもしたいものです。

ただ、時代の流れや変化に合わせて生きていくことで、自分らしく生きる選択肢の幅が広がるのかもしれません。そんなことを感じるニュースでした。

次回以降も、少しでも役に立つものをシェアしていきますので、ぜひまたブログに遊びに来てください。

ABOUT ME
smiletrip-oneworld.com
「16歳で渡英」初海外を経験し価値観と概念が広がる。その後30ヶ国のひとり旅を経験。本気で死にかけたことは2度ほど。南米で2年半の蹴球生活を終えて帰国。小心者ながら、海外では西語と英語を話せる風の日本語ゴリ押し戦略で常に突破口を切り開いてきた旅人。最近Google Mapの使い方を知った30代ながら自称ノウハウコレクター。現在は「人生のレールなんかない」をテーマにブログで発信。