Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「伝える」は、”伝わる”のか?

THOUGHT

 

どうも、KENです。

 

僕は最近、

大きな波に巻き込まれ、

 

自分の意思でコントロールできない

一見すると、“負のスパイラル”から

抜け出すことが困難な状況にいた。

 

幸いなことに、

僕はスパイラルから抜け出した。

 

ありがちなことだが、

 

ある人にとっては、

負を負でしか受け止められず

そのまま

負のスパイラルに巻き込まれ続ける

 

一方で、

 

ある人にとっっては

負を踏まえて乗り越えて

正に転化させるタイミングとなる

 

この違いはなんなのだろうか?」

 

少し、真面目に考えた。

 

それほど事態が

アブノーマルな展開を迎えていたから。

 

考えざるを得なかった…

という方が正しいかもしれない。

 

負を負でしか受け止められない人もいれば、

 

負を踏まえて、乗り越えて

正に転化させるタイミングとなる。

 

その違の一つは、

 

抽象度の高いものを

 

点と点を繋ぎ合わせて線にできるか

面と面を合わせて立体的な視点にできるか

 

きっと、そういうことだ。

 

いくら話しても想いが伝わらない。

いくら話しても意図が伝わらない。

 

言葉を変え、イメージを伝え、

あの手この手で具体化していく。

 

抽象度をどんどん下げていくと、

目の前にいたはずのあの怒った顔は

 

納得がいったような表情に変化する。

 

伝えたいことが、

相手に伝わらないのであれば、

 

抽象度を落とすことで

 

視覚的にイメージでき、

わかりやすいメリットがあれば、

 

事態は容易に好転する時がある

 

残念ながら、

 

伝わったことが”真実”になるのであれば、

 

”伝える”ことよりも、

”伝わる”ことにフォーカスした方がいい

 

16歳の頃に渡英-初海外を経験。その時、海外での空気感、自分が解放された感じに心地よさを感じ、それからというもの、日本と海外を往復する人生となりました。今まで、ヨーロッパ、アジア、南北アメリカ大陸を中心に世界30カ国ほどに行き、数え切れない出会いがありました。あなたにも体験してもらいたいこのWonderful World。少しでも背中を押すきっかけになれば嬉しいです。Meesage from Ken